SHORTSHOETS×なら国際映画祭 SHORTSHOETS×なら国際映画祭

Twitter Google+

master class

マスタークラス

河瀨直美

マスタークラス河瀨直美
〜足元を掘り下げれば世界につながる〜

タイトル マスタークラス河瀨直美〜足元を掘り下げれば世界につながる〜
イベントは終了しました
概要 世界を舞台に活躍する日本人映画監督はどのようにその才能を高めてきたのか? 今年のカンヌ国際映画祭で短編部門の審査委員長を務める河瀨直美監督が、なぜ映画を創る人生を歩むようになったのか、どうやってその才能が世界に認められたのか、学生時代の映像や最近の作品などを振り返りながら語ります。 また、今年のカンヌで得た現地情報もお話いただきます。
日時 6月10日(金) 17:30〜19:10
会場 ラフォーレミュージアム原宿
入場料 前売 ¥1,000 当日 ¥1,500
ゲスト 河瀨 直美 / ゲスト氏名 / ゲスト氏名
ゲストプロフィール
河瀨 直美
映画作家 河瀨直美 Kawase NAOMI 生まれ育った奈良で映画を創り続ける。 1989年大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専 門学校)映画科卒業。 自主映画「につつまれて」、「かたつもり」が、1995年山形国際ドキュメンタリー 映画祭はじめ国内外で目を集める。1997年劇場 映画デビュー作「萌の朱雀(もえのすざく)」で、カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少受賞。2007年『殯の森(もがりのもり)』で、審査員特別大賞グランプリを受賞。2009年には、カンヌ 国際映画祭に貢献した監督に贈られる「黄金の馬 車賞」を受賞。 2013年にはコンペティション部門の審査委員を、今年は短編部門、シネフォンダシオン 部門の審査委員長を務める。2015年フランス芸術文化勲章「シュヴァリエ」を叙勲。 映画監督の他、CM演出、エッセイ執筆などジャンルにこだわらず表現活動を続け、今年9月開催の「なら国際映画祭」ではエグゼクティブディレクターとして奔走する。最新作『あん』は国内外で大ヒットを記録、現在DVD、BD発売中。
公式サイト www.kawasenaomi.com
公式ツイッターアカウント @KawaseNAOMI
チケット こちらから

MOVIE

part1
part2  
part3
part4