SSFF & ASIA 2017 開催概要SSFF & ASIA 2017

名称:ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017 (SSFF & ASIA 2017) 開催期間:2017年6月1日(木)~2017年6月25日(日)
会場:東京(5会場)・横浜(1会場)
上映作品:世界100以上の国と地域から集まった約9,000本の作品の中から、選りすぐりの約250作品を一挙上映。

 

 

2017年度のコンセプトThe Concept in this year.

cinematec

cinemaTIC cinemaTEC!

20世紀に花開いた映画文化。
銀幕の向こうに広がるシネマの世界が人々を魅了してきました。
21世紀を迎え、デジタル化を筆頭に数々の最先端技術が興隆し、撮影や制作現場に革新をもたらすテクノロジーとテクニック ―"シネマテック"が花開いています。そしてシネマテックの成長を背景として、エンターテインメントは垣根を越え、新時代を切り開き、進化し続けています。
その一方で、映画が紡ぎ出すシネマチックな体験は、昔も今も変わりません。
来年に控える映画祭20周年を前に、今年は『cinemaTIC! cinemaTEC!』をテーマに、シネマの普遍性と進化の先にある映画・映像の未来に光をあてます。

 

ショートフィルムとは?

ショートフィルムとは、長いもので30分前後、短いものはわずか1分ほどの映画作品です。SSFF & ASIA のオフィシャルコンペティションでは、25分以内の作品を公募の条件としています。短尺とはいえ、ドラマ、アニメーション、ドキュメンタリーなど多彩な持ち味の作品があり、短い尺だからこそできる映像表現や、ウィットに富んだ物語が数多く制作されています。ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラ、スティーブン・スピルバーグなど、その歩みをショートフィルムからスタートしている監督も少なくありませんし、著名な俳優が出演している作品も多数あります。また、ショートフィルムは若手映像作家が力を養うためのフォーマットであり、映画祭はまさにその登竜門といえます。未来の映像作家たちの可能性に、この映画祭で触れてみませんか。

 

 

映画祭の歴史Festival History

1999年、ショートフィルムを日本に紹介するため、米国俳優協会(SAG)の会員でもある別所哲也を創立者に「アメリカン・ショート・ショート フィルムフェスティバル」として東京・原宿で誕生。 初年度は映画『スターウォーズ』シリーズのジョージ・ルーカス監督が学生時代に制作したショートフィルムを上映しました。 2001年に「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」と改称、2004年に米国アカデミー賞公認映画祭として認定されました。アカデミーの公認を受けたことにより、映画祭のグランプリ作品が次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考に入ることになり、本映画祭からオスカー像を手にする道が拓けました。 また、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から「ショートショート フィルム フェスティバル アジア(SSFF ASIA 共催:東京都)」が2004年に誕生。現在、2つの映画祭を“SSFF & ASIA”と総称して開催しています。 2008年には、横浜みなとみらいにショートフィルム専門映画館、ブリリア ショートショート シアターを設立。 映画祭としてはこれまでに延べ30万人を動員。 これまでも、そしてこれからも、SSFF & ASIAはショートフィルムの普及推進の役割を果たし、世界に羽ばたく若きクリエイターを応援します。

 

 

フェスティバルアンバサダーLiLiCoからのメッセージMessage from Festival Ambassador LiLiCo

Festival Ambassador LiLiCo

​今年はSSFF & ASIAがもっとみんなの元に届くよう、アンバサダーとして頑張ります。毎年素敵な作品が観たくて開催会場に足を運んでくださる方に加え、ショートフィルムの魅力的な世界にまだ浸ったことのないみなさんとも出会いたい。2016年のグランプリ『合唱』が米国アカデミー賞短編映画賞を受賞したことで映画祭と世界が繋がっていることをさらに近くに感じたかと思いますし、のちに世界に羽ばたくクリエイターから直接お話が聞けたり、ほかの映画祭では味わえないところがSSFF & ASIAの魅力。“わからないから行かない”のではなく、興味をもつことの大切さ。その気持ちがあれば、映画から新しい世界が広がります。

LiLiCo
フェスティバルアンバサダー
Festival Ambassador

 


岩井俊二監督からのメッセージMessage from Shunji Iwai

Festival Ambassador LiLiCo

今回はillionの『Miracle』を上映して頂き、誠に恐悦至極です。
ショートフィルムには他にない佇まいがあります。
作家のより純度の高いエッセンスが味わえる世界。
しかし、なかなか身近に観れる環境がなかったというのも事実。
ところが最近ではスマホや動画アプリの進化のおかげで、
気がついたら劇的に観る機会が増えてきました。
これはショートフィルム界においては喜ばしいことです。
更に言えば、やはり劇場で観たいし、観て頂きたい。
そんな状況が次々誕生してくれると嬉しいです。

岩井俊二

 

Program Menuプログラムメニュー

Informationお知らせバナー