AWARD Official Competitionアワード オフィシャルコンペティション

公募部門のうち、米国アカデミー賞への道が開ける公式部門

Grand Prixインターナショナル部門、アジアインターナショナル部門、ジャパン部門3つのオフィシャルコンペティションの優秀賞から1作品に授与。
次年度、米国アカデミー賞短編部門ノミネート候補作品となります。

インターナショナル部門

オフィシャルコンペティションのなかでも、アジア、日本を除く世界中の作品を審査する部門となります。

賞金 : 60万円

アジアインターナショナル部門

オフィシャルコンペティションのなかでも、日本を除くアジア地域の作品を審査する部門となります。

賞金 : 60万円

ジャパン部門

オフィシャルコンペティションのなかでも、日本の作品を審査する部門となります。


賞金 : 60万円

東京都知事賞

アジア インターナショナル部門、ジャパン部門の優秀賞に副賞として贈呈。

ひかりTVアワード

ジャパン部門ノミネート監督の中で最も4Kの魅力を伝える事ができる監督へ贈られる賞。 受賞監督は、4KオリジナルショートフィルムをNTTぷららと共に製作いたします。

オーディエンスアワード

コンペティション作品の中から、各部門ごとに来場者の投票で選ばれる観客賞。

賞金 : 20万円

ベストアクター ベストアクトレスアワード

オフィシャルコンペティション作品(インターナショナル、アジア インターナショナル、ジャパンの3部門)の中から、優秀な男優と女優に贈られる賞。

Other Competitionsアワード その他部門

テーマを定めて作品を募集・審査する部門および公募プロジェクト

 

地球を救え!部門
supported by リンレイ

2008年に環境省と共に設立した部門。環境問題を中心としたテーマの作品を集め、広く地球環境保護を伝える部門です。

2017年には快適な居住空間をクリエイトする企業、リンレイが本部門のスポンサーに就任。

優秀賞(環境大臣賞)

地球を救え!部門 supported by リンレイ入選作品の中から3名の審査員より、最も優秀な作品に贈られる賞。

賞金:50万円

J-WAVEアワード

J-me Cinema Circle審査員により、地球を救え!部門 supported by リンレイ の入選作品から選定される賞。

賞金:50万円

CGアニメーション部門

CGアニメーション部門は、2011年から始まったオールCG制作のアニメーションを楽しめる部門。

優秀賞

CGアニメーション部門入選作品の中から、3名の審査員及びデジタルハリウッド株式会社、映画祭実行委員会により選ばれる、最も優秀な作品に贈られる賞。

賞金:60万円

Cinematic Tokyo 部門

2017年新設した部門。東京をテーマにした作品を国内外から募集。ショートフィルムを通して様々な「東京」の魅力を発信する部門です。

優秀賞

Cinematic Tokyo 部門入選作品の中から、最も優秀な作品に贈られる賞。 副賞として東京都知事賞を進呈

賞金:100万円


ミュージックショート部門

2009年に設立されたミュージックショート部門は、エントリーされたアーティストの楽曲をもとに、 クリエイターが創り上げたオリジナルショートフィルム紹介する部門です。

優秀賞

アーティストの楽曲を元に制作・応募されたショートフィルムの中で、最もクリエイティブ性の高い作品に贈られる賞

賞金:30万円

ミュージックビデオ部門

2016年からスタートしたミュージックビデオ部門は、国内外からアーティストのオフィシャルミュージックビデオを募集。その中から、ショートフィルムの視点でセレクトされたストーリーやドラマ性、イノベーションを感じる作品を紹介する部門。

優秀賞

アーティストのオフィシャルミュージックビデオの中で、最もストーリーやドラマ性、イノベーションを感じる作品に贈られる賞。

賞金:30万円

BRANDED SHORTS

企業・団体のサービス・活動、ブランディングにおける顧客とのコミュニケーションを目的として制作された映像(ブランデッドムービー)の部門

 

Branded Shorts of the Year
インターナショナルカテゴリー

ブランデッドショート部門の作品のなかで、7つの視点(シネマチック、ストーリーテリング、エモーション、アイデア、オリジナル性、プロダクションクオリティ、グローバル性)から、最も優れた海外の作品に贈られる賞。

Branded Shorts of the Year
ナショナルカテゴリー

ブランデッドショート部門の作品のなかで、7つの視点(シネマチック、ストーリーテリング、エモーション、アイデア、オリジナル性、プロダクションクオリティ、グローバル性)から、最も優れた国内の作品に贈られる賞。

ブックショートアワード

ショートフィルムとつながる文学賞。おとぎ話や昔話、民話、小説などを元に創作した短編小説をWEBで公募する通年型のプロジェクト。

大賞

毎月の優秀作品の中から1作品を表彰。賞金:100万円、ショートフィルム化のチャンス。

賞金:100万円

観光映像大賞

日本全国47都道府県で制作された観光プロモーション映像・映画・ビデオを募集。 “観光振興”という観点で最も創造性、振興性、話題性に優れた作品には観光映像大賞(観光庁長官賞)が贈られます。


観光映像大賞(観光庁長官賞)

観光振興という観点で最も創造性、振興性、話題性に優れた作品には観光映像大賞(観光庁長官賞)が贈られます。

インターナショナル観光映像大賞

2017年新設。「海外」の優れた観光プロモーション映像・動画を日本に紹介するアワード。海外の事例から学ぶことで、国内の地域プロモーション映像の発展に貢献することを目的としています。日本を除く世界各国で制作された作品が対象となります。

インターナショナル
観光映像大賞

日本の地域プロモーション映像の発展に寄与するという観点で、最も優れた海外の作品に贈られます。


VISIT JAPAN大使特別賞

観光映像大賞インターナショナルの中からVISIT JAPAN大使が日本の観光振興発展に寄与できると思われる作品を1作品選出


Other Awards各種アワード

Shibuya Diversity Award

​渋谷区基本構想の普及啓発活動の一環である、 ダイバーシティとインクルージョンをイメージした 作品の中から1作品に賞を授与。

FutureCity Yokohama Award

環境配慮と先端技術による未来の街やライフスタイルをイメージした作品の中で、最もテーマにふさわしい作品に横浜市と映画祭実行委員会から贈られる賞。

ファッションショート
オブザイヤー

ファッションブランド が 製作するショートフィルムの中で、最もシネマ的な作品に贈られる賞。

話題賞

ショートフィルムによって日本社会で多くの注目を浴び、ショートフィルム文化の普及に貢献された方に、映画祭実行委員会より贈られる賞。

特別賞

ショートフィルムにて海外で多くの注目を浴び、ショートフィルム文化の普及に貢献された方に、映画祭実行委員会より贈られる賞。

いばらきショートフィルム大賞

茨城県主催。「ロケ地の宝庫」とも言われる茨城の魅力(風景、文化、食等)を映像で国内外に配信するため発足された賞。

賞金:100万円

キテミル川越ショートフィルム大賞

埼玉県川越市主催。川越の魅力ある地域資源を発掘し、映像による発信を行うことを目的として、市内で撮影された映像作品を対象とするコンテスト。

賞金:60万円

Competition & Award部門・審査員/アワード

Program Menuプログラムメニュー

Informationお知らせバナー