French Film Festival 2017 - Short Film Selectionフランス映画祭2017~短編作品集

25th The French Film Festival 今年もSSFF & ASIAと同時期に開催されるフランス映画祭(6/22~6/25)の短編作品集を上映!注目は日本初上映となる、1964年に制作されたカトリーヌ・ドヌーヴなど、時代を彩った4人のフランス人女優たちが登場するユニフランスオリジナル作品。そのほか才能豊かなフィルムメイカーの最新フランスショートフィルムをご紹介。

6/4(日)17:50-19:40 SPACE O
6/9(金)20:00-21:50 YOKOHAMA
6/16(金)20:00-21:50 iTSCOM
6/22(木)15:40-17:30 YOKOHAMA
6/24(土)13:30-15:20 YOKOHAMA

4XD4XD

Philippe Labro/11:23///1964

1964年、フィリップ・ラブロは、まだひとつも映画を監督したことがなかった。それにも関わらず、ユニフランスは駆け出しの4人の女優、ミレーユ・ダルク、マリー・デュボワ、カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアックを世界に売り込むため、フィリップに撮影を依頼した。

沈黙のベールVeil Of Science

Julie Gourdain/29:49/フランス/ドラマ/2016

1968年。19歳のマリアンヌは家族や友人から遠く離れた、若い少女が集う「家」に送り込まれる。そこで出会った少女たちは皆、人生が一変するような秘密を抱えていた。

とんでもない計画One Hell Of A Plan

Alain Gagnol, Jean-Loup Felicioli/05:37/フランス、ベルギー/アニメーション/2015

ふたりの男が数十匹の猫を近所に放ち、犬が吠え始める。彼らはその喧騒を利用して強盗を働くのだった。しかし事態は一変、彼らは人生最悪な一夜を過ごすこととなる。

ゴリアテGoliath

Loïc Barché/18:09/フランス/ドラマ/2016

ニコラスはシャーロットに首ったけ。しかし彼女の事はほとんど知らなく、SNSでの投稿に恋をしている。そんな彼に友人はあるアドバイスをする。

素晴らしきロカンボールThe Amazing Rocambole

Loïc Nicoloff/19:04/フランス /ドラマ/2016

19世紀半ば、原稿料を中々支払ってくれない新聞社と向き合う一人の若い作家、ポンソン・ドゥ・テライユ。ポンソンは日刊紙に掲載している作品の主人公、ロカンボールを使ってどうにか交渉を成立させようとする。

6/4(日)17:50-19:40 SPACE O
6/9(金)20:00-21:50 YOKOHAMA
6/16(金)20:00-21:50 iTSCOM
6/22(木)15:40-17:30 YOKOHAMA
6/24(土)13:30-15:20 YOKOHAMA

Program Menuプログラムメニュー

Informationお知らせバナー