News & Informationニュース&インフォメーション 詳細

世界各国の新鋭クリエイターの最新作が集結! CGアニメーション部門の審査員に 松下由樹さん三橋忠央さんが決定!!

2017年5月17日

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭である、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (略称:SSFF & ASIA)2017 「CGアニメーション部門」の審査員に女優の松下由樹さんらが決定したことをお知らせいたします。
国内外のコンテンツ業界に多数のクリエイターを輩出しているデジタルハリウッドとSSFF & ASIAとのコラボレーションによる「CGアニメーション部門」。7年目を迎える今年は、64ヵ国より585作品の応募があり、日々進化し続ける様々なCG技術を駆使した傑作22本(11ヶ国)が上映されます。技術面だけでなくストーリー性や、エンターテイメント性においても優れた作品が揃っており、大人から子どもまで楽しめるラインナップとなっています。また、デジタルハリウッドが主催するクリエイティブアワード「DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2017」でベストCGアニメ賞を受賞した『ダム ストロー』(Dumb Straw)も特別上映いたします。才能溢れるCGクリエイターたちの新作にご期待ください。
CGアニメーション部門の優秀賞は、6月11日(日)に明治神宮会館にて行われるアワードセレモニーにて発表され、賞金60万円が授与されます。


松下 由樹(女優)
1983年映画「アイコ十六歳」でデビュー。「ナースのお仕事」「臨場」など数々のドラマ、映画に出演。「大奥第一章」ではドラマ他舞台でも春日局を演じ人気を博す。バラエティ「ココリコミラクルタイプ」ではあらゆるキャラクターに挑戦し新たな女優としての才能を発揮。シリアスからコメディーまでこなし幅広い層に支持されている。

三橋 忠央(VFXスーパーバイザー)

北米でのハリウッド映画VFX制作は15年目に入り、現在はMethod Studios(サンタモニカ)にてSenior Technical Directorとして長編映画プロジェクトに参加中。日本では国産映像のクオリティと効率の向上を目指し、GUNCY’S(guncys.com)に参加。主な参加作品は「マトリックス」続編シリーズ、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」、「トロン:レガシー」、「あしたのジョー」など。

杉山 知之(デジタルハリウッド大学 学長)

1954年東京都生まれ。1987年よりMITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。1990年国際メディア研究財団・主任研究員、1993年日本大学短期大学部専任講師を経て、1994年10月 デジタルハリウッド設立。2004年日本初の株式会社立「デジタルハリウッド大学院」を開学。翌年、「デジタルハリウッド大学」を開学し、現在、同大学・大学院・スクールの学長を務めている。2011年9月、上海音楽学院(中国)との合作学部「デジタルメディア芸術学院」を設立、同学院の学院長に就任。福岡コンテンツ産業振興会議会長、内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会委員を務め、また「新日本様式」協議会、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会など多くの委員を歴任。99年度デジタルメディア協会AMDアワード・功労賞受賞。

上映プログラムはこちら

CG Animation Program

http://shortshorts.org/2017/ja/program/cg-1.php

 

 

Archives以前のニュース

Informationお知らせバナー