News & Informationニュース&インフォメーション 詳細

【イベント】「第4回いばらきショートフィルム大賞授賞式とノミネート作品上映」(6/18 @ iTSCOM会場)

2017年6月18日

茨城県の魅力を国内外に発信することを目的に設立されたコンペティション「いばらきショートフィルム大賞」。その発表セレモニーが、今年もSSFF & ASIAで行なわれました。

橋本昌茨城県知事からの挨拶の後、応募総数86作品の中から今回ノミネートされた大川祥吾監督『水戸黄門Z』と、宮本秀光監督『食の黄門様~きっと,明日はうまくいく~』を上映!

上映後には、橋本昌知事とともに、審査員を務めるSSFF & ASIAの代表・別所哲也が登壇。栄えある第4回いばらきショートフィルム大賞は……『水戸黄門Z』に決定しました!

受賞監督となった大川祥吾さんは、「タイトルも作風もちょっとふざけた雰囲気ですが、茨城県のお墨付きをもらえて怖いものなしです」とユーモラスにコメント。もちろん、実際は、綿密に取材を重ねて3年の歳月をかけてつくりあげたそうです。それを受けて審査員の別所哲也は「次回は、私もミュージカル俳優としてオファーいただければ……、その際には検討させていただきます」とこちらも会場の笑いを誘いました。

続いてのフォトセッションでは、『水戸黄門Z』のキャスト・スタッフ、そして茨城のゆるキャラ・ハッスル黄門も加わって大盛り上がり。大賞の『水戸黄門Z』には賞金100万円、惜しくも奨励賞となった『食の黄門様~きっと,明日はうまくいく~』には、茨城県の名産メロン“イバラキング”が贈られました。

奇しくも、2つの受賞作品ともに水戸光圀公がモチーフでしたが、作風はミュージカル風、“食レポ”コメディと実にユニーク!茨城県の文化、食、歴史、人など、さまざまな魅力が凝縮されたショートフィルムを見ていたら、今すぐ茨城に遊びに行きたくなりました!(美明豚とか食べたいです)

 

PS:イベントのラストでは、あの韓国の若手俳優・チャン・グンソクさんのショートフィルム『偉大なる遺産The Great Legacy』を上映!実は、チャン・グンソクさんは、かつて主演映画『きみはペット』の記者会見を茨城空港で行うなど、茨城県と縁が深い方。上映後に展示された手形のモニュメントを一目見ようと、長い行列ができていました。


チバアキフミ

映画祭のレポートを担当して、はや6年目。東京会場で、メモをとったり、写真をとったりしているのが私です。お気軽にお声かけいただいて、皆さんがお気に入りのショートフィルムを教えてくれたら嬉しいです。上映後のQ&Aセッションにも是非ご参加を!普段は…、広告コピーを中心にフリーランスで書いたり、中日ドラゴンズを応援したりしています。

Archives以前のニュース

Informationお知らせバナー