ショートフィルム 各部門・アワードの一覧です。細かい規定は、各ガイドラインでご確認ください。
オフィシャルコンペティション アカデミー賞を狙うことのできる唯一の部門。グランプリ受賞者が次年度米国アカデミー賞ノミネート候補対象作品となります。
締切 賞金 ジャパンプレミア規定 制作年 ダブルエントリー
25分以下 ※1 一次募集:2017年10月1日(日)
二次募集:2017年11月30日(木)
三次募集:2018年1月31日(水) ※2
優秀賞:60万円
オーディエンスアワード:20万円
問わない ※3 2016年6月以降 可能

地球を救え!部門 小さな、個人レベルの活動から、地球温暖化防止などグローバル規模の課題まで、「地球」について考えさせられる作品を募集する部門
締切 賞金 ジャパンプレミア規定 制作年 ダブルエントリー
25分以下 ※1 2018年1月31日(水) 優秀賞:50万円 問わない 問わない 可能

CGアニメーション部門 CGを使用したアニメーション作品を募集する部門
締切 賞金 ジャパンプレミア規定 制作年 ダブルエントリー
25分以下 ※1 2018年1月31日(水) 優秀賞:60万円 問わない 2016年6月1日以降 可能

Cinematic Tokyo部門 東京でロケを行った作品や、あなたのイマジネーションの中にある東京を表現した作品など、「東京」をテーマにした作品を募集する部門
締切 賞金 ジャパンプレミア規定 制作年 ダブルエントリー
25分以下 ※1 2018年1月31日(水) 優秀賞:100万円 問わない 問わない 可能

ミュージックビデオ部門 オフィシャルで制作されたミュージックビデオを募集する部門
締切 賞金 ジャパンプレミア規定 制作年 ダブルエントリー
不問 2017年3月15日(木) - 問わない ※4 2016年6月1日以降 不可

Branded Shorts ブランドコミュニケーションのためのブランデッドムービーを募集するプロジェクト
締切 賞金 ジャパンプレミア規定 制作年 ダブルエントリー
不問 第一次締切:2017年11月30日(木)
第二次締切:2018年3月30日(金)
- 問わない 2017年1月1日から2018年3月30日の間に公開された映像

観光映像大賞 日本全国で制作された観光プロモーション映像・映画・ビデオなどを募集するプロジェクト
締切 ジャパンプレミア規定 制作年 ダブルエントリー
60分以内 ※1 2018年2月28日(水) - 問わない 問わない 可能

いばらきショートフィルム大賞 茨城をロケーションとしたシーンが半分以上含まれる作品を募集します。
締切 賞金 ジャパンプレミア規定 制作年 ダブルエントリー
25分以下 ※1 2018年1月31日(水) 賞金:100万円 問わない 問わない 可能

キテミル川越ショートフィルム大賞 埼玉県川越市をロケーションとしたシーンが含まれる作品を募集します。
締切 賞金 ジャパンプレミア規定 制作年 ダブルエントリー
25分以下 ※1 2018年1月31日(水) 賞金:60万円 問わない 問わない 可能

※1 エンドクレジットを含む総尺
※2 募集期間により応募費用が異なります
※3 インターネット上での配信においては、サイトの拠点が国内外問わず、応募規定外となります 詳細はガイドラインをご参照ください。
※3 インターナショナル部門・アジア インターナショナル部門では、ジャパンプレミア必須となります。
※4 楽曲のリリース日については不問
※ 賞金については変更の可能性がございます。
※ 過去に映画祭にご応募された作品は、再応募いただけません。
※ 視聴用素材(DVDなど)の到着と登録料のお支払をもって応募完了となります。締切日の当日消印有効です。


ブックショートアワード 大賞作品はショートフィルム化します!テーマは以下の2つ
① おとぎ話や昔話、民話、小説などをもとに創作したショートストーリー。アレンジやスピンオフ、新釈作品。
②「20」にまつわる物語 ※SSFF & ASIA 20周年を記念したテーマ。
文字数制限 締切 賞金
1,000字 - 10,000字以内 8月期 : 2017年8月1日(火)〜 8月31日(木)
9月期 : 2017年9月1日(金)〜 9月30日(土)
10月期 : 2017年10月1日(日)〜 10月31日(火)
11月期 : 2017年11月1日(水)〜 11月30日(木)
12月期 : 2017年12月1日(金)〜 12月31日(日)
1月期 : 2018年1月1日(月)〜 1月31日(水)
2月期 : 2018年2月1日(木)〜 2月28日(水)
3月期 : 2018年3月1日(木)〜 3月31日(土)
賞金:100万円

※ 優秀作品は、各期の締め切り約1ヶ月後にブックショートサイト上にて発表、全文を掲載します。詳細は応募要項を確認ください。


日本人監督サポート


海外映画祭への作品出品代行

本部門で上映した作品は、映画祭終了から1年間、映画祭からの推薦作品として、世界中の国際映画祭へ無償で(※)出品代行をいたします。映画祭独自のネットワークとノウハウを活かして、海外の主要映画祭への作品応募をサポートいたします。
(※)一部の映画祭については出品料および上映素材作成費を監督にご負担いただきます。

ショートフィルムのコンテンツマーケット展開

SSFF & ASIAは、映画祭を通して、新規映像制作の新たな機会をつくり、映像クリエイターと映像放送や配信事業者を つなぐマーケットのプラットフォームを提供いたします。

海外映画祭出品代行 Film Bird

  • フィルムバードでは、語学の壁などで、海外進出にハードルを感じている監督や、海外出品の煩わしい手間を省きたい監督向けに海外映画祭への出品を代わりに行います。 米国アカデミー賞公認アジア最大級の短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジアを主催するショートショート実行委員会が、あなたの出品計画をサポートします。

ショートフィルム 買います

  • 「ShortShorts」では、さまざまなネットワークを通してあなたの作った作品を国内外の多くの方に届けることができます。まずはお気軽にお問い合わせください。

ショートフィルム 売ります

  • 「ShortShorts」では、映画祭を通して世界中から集まった作品や、海外映画祭とのネットワークを用いて調達してきた作品とライセンス契約を結んでいます。約50,000タイトルの中から御社のニーズやテーマ、トピックに合わせた作品のご提供が可能です。

SSFF & ASIA 2017 ダイジェスト

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017 (略称:SSFF & ASIA)は、6月1日(木)から6月25日(日)まで、東京(5会場)・横浜(1会場)を中心に、世界140以上の国と地域から集まった約9,000本の作品の中から、選りすぐりの 約250作品を上映いたしました。