最新情報の詳細 一覧に戻る

2016/09/18
【レポート】第4回なら国際映画祭2016にSSFFスタッフが参加しました!

9月17日、SSFF一行は東京を離れて、西の都「奈良」で行われている なら国際映画祭へ参加してきました。

2010年に平城遷都1300年を記念して、映像作家 河瀨直美 監督をエグゼクティブ・ディレクターとして設立。隔年開催で今年4回目を迎えます。今年はイベントまで含めると奈良市内7か所、9月17日〜9月22日まで開催されます!

 

詳細はなら国際映画祭公式サイトから。

 

 

初日に幕をあけるのはもちろんオープニングセレモニー。

会場は奈良公園 春日野園地(かすがのえんち)、JR奈良駅からタクシーで10分ほどです。鹿で有名な奈良公園で菅、本日は出店が立ち並び、映画だけでなく町自体が更なる盛り上がりを見せていました。

 

 

IMG_0003

レッドカーペット前には、既に黒山の人だかりが。

 

image3

 

IMG_0029

俳優の高橋克典さんは、こども映画祭「キネコ国際映画祭」とのタイアップ企画「ならキネコ上映会」にゲストとして登場されます。

 

今回、SSFF & ASIAは、なら国際映画祭とのタイアップ企画「Road to Cannes」を開催。SSFF代表の別所となら国際映画祭エグゼクティブ・プロデューサーの河瀨直美 監督に、第69回カンヌ映画祭にて「淵に立つ」が「ある視点」部門審査員賞を受賞した 深田晃司 監督をゲストに迎えます。

さらに12人の若手監督が選出され、前述の3名と海外映画祭でも通用する作品作りとは何か?を徹底議論!彼らの企画、脚本、海外進出をバックアップします。

 

image2image1

 

こちらはレッドカーペット上のRoad to Cannes参加監督と別所哲也。

 

 

生憎の曇天ですが、河瀨監督の一声でオープニングセレモニーは開幕。

 

IMG_0054

「今日は満月です。昨日も満月でした。今は曇ってしまっていますが、私は昨日、月に言いました。”明日もまた会いましょう”と。月も必ず答えてくれます」

 

 

IMG_0057

IMG_0058各プログラム紹介には、Road to Cannesや、SSFF & ASIA2016でオフィシャルフォトグラファーを務めたれ写真家レスリー・キーのイベント「話そう!LGBT」もスクリーンを飾りました。

 

 

そして鏡開きが行われますが、その頃には何と夜空に満月が。

最後にオープニングセレモニーのとりを飾る藤竜也主演映画「東の狼」(監督カルロス・M・キンテラ)がワールドプレミア上映されました。

 

 

IMG_0061IMG_0062

 

オープニングセレモニーの後は、同公園内の春日野国際フォーラムにて行われたセレモニー参加者を招いたパーティに参加。多くの映画関係者が参加し、交流を深めました。

IMG_0064

IMG_0070

 

なら国際映画祭はまだ始まったばかりです。

皆さんも是非この機会に奈良を訪れてみてください!

 


PR


よく読まれている記事


関連記事

2018.11.26
本日11/26はいい風呂の日!!お風呂でショートフィルムを楽しみましょう♪
2017.11.28
【レポート】1126 THEATER(いい風呂シアター)~銭湯で上映しました!~