Short Shorts Film Festival 2000

【拡大】アカデミー受賞日本人監督の作品をいち早く日本で紹介!

「アメリカン・ショート・ショート フィルムフェスティバル 2000」はでは、おもにアメリカの若手監督が 制作した「ショートフィルム」あわせて48本を、5つのプログラムに分けて上映。 1999年米国アカデミー賞最優秀 賞(ショートフィルム部門)を受賞した日本人映画監督イビケイコ氏のドキュメンタリー「The Personals」もその ひとつです。

世紀の節目、特別プログラムの実施。

また、「インターナショナル・プログラム」として、フランスやオーストラリアなど世界各国の「ショートフィルム」 を上映しました。
これら上映作品のうち最優秀作には「アメリカン・ショート・ショート・アワード」が贈られます。
このほか、「アンティーク・ショート」として、エジソンが1900年初頭に制作した無声映画をはじめ、チャップリ ン、ジュディー・ガーランドの出演作品も上映されました。

有名監督の紹介。

また、1999年のジョージ・ルーカス作品に引き続き、現代の巨匠たちが、無名の若手監督だった時代に制作した 「ショートフィルム」の作品を紹介。
2000年にはニューヨークインディーズの巨匠、マーティン・スコセッシ監 督の初期ショートフィルム3作品を紹介しました。

全国ツアー開催の実施。

また、日本の映画ファンや映画界を志望する若い学生たちを対象に、「ショートフィルム」の魅力を語っていただく為に、 アメリカから監督やフィルムメーカーを招聘して、トークショーを行いました。
そして、日本の映画祭としては初めて、 ツアー形式を取り入れ、東京開催の後、札幌、名古屋、大阪、沖縄で映画祭が開催され、全国の皆様にも圧倒的な支持を 受けました。

ボランティア活動、そして、海外メディアも注目!

映画祭スタッフ、学生ボランティアと、来日監督たちが協力して、開催地である、東京表参道の美化運動を実施。 映画祭のユニークな開催と運営が、アメリカ4大ネットワーク CBS放送や、CNN、E!チャンネルなどが取材。この 映画祭への関心と注目が集まる。