Program

東南アジアプログラムの紹介

上映作品プログラムを紹介します。


上映スケジュール

日程:6月5日(金) 15:40-17:30 会場:SHIDAX
会場案内チケットリンク

日程:6月7日(日) 11:20-13:10 会場:SPACE O
会場案内チケットリンク

日程:6月8日(月) 17:50-19:40 会場:YOKOHAMA
会場案内チケットリンク

日程:6月10日(水) 15:40-17:30 会場:YOKOHAMA
会場案内チケットリンク

※事前申込は上映日の前日23時59分まで受け付けますが、予定枚数に達した際はその時点で受付を終了いたします。

チケット予約の際の注意事項


alink

握りしめた石ころ/A Fistful of Pebbles

不思議な雰囲気をまとった男が、ギャングに占拠された村を訪れる。

Cambodia/カンボジア 6:59 Action/アクション 2014

監督:Somchanrith Chap

2013年に、BBCメディアアクションにカンボジア国際映画祭 2014にてプレミア上映された『Down This Road』の制作に脚本家として携わる。カンボジア国内で人気のテレビシリーズ「Love9」の脚本・監督を務め、カンボジア初の西部劇である本作はトロップフェスト SEAにて3位に入選。

トロップフェストSEA映画祭 2015 (マレーシア) 第三位
カンヌショートフィルムコーナー 2015 (フランス)
カンボジアタウン映画祭 2015 (アメリカ)


alink

雨あがれ/On Stopping the Rain

スラム街に降り続く雨。どうしても新品の靴を履きたい少女は、インドネシアの古い風習にならって雨を止めようとする。

Indonesia/インドネシア 14:00 Drama/ドラマ 2013

監督:Aditya Ahmad

1989年インドネシアのマカッサル生まれ。2006年にブリティッシュ・カウンシル主催のワークショップに参加したことがきっかけで映画の世界に入る。2008年にアメリカに留学後、2013年にマカッサルの映画学校にて修士号を取得。本作は、卒業制作にあたる。

Jogja-NETPACアジアン映画祭 2013
特別賞 ベルリン国際映画祭 2013 (ドイツ)ジェネレーション特別賞
ソウルグロ国際子供映画祭 2014 (韓国)最優秀短編映画


alink

父の手形/Father’s Handprint

ラオスの伝統舞踊を息子に教え、後を継いでほしい父親と、伝統を守る事よりもヒップホップダンスに没頭し、B-boyに憧れる息子。そんな息子も、徐々に伝統文化を受け継ぐことの重要性を感じ始める。

Laos/ラオス 7:00 Drama/ドラマ 2015

監督:Kesone Keola

1984年、ラオス・ルアンパバーン郡生まれ。教師になるべく、スパーヌウォン大学で学び、現在は同郡にある文部科学省の教育省にて教育者の指導係として勤務。処女作となる本作品は、ヴィエンチャナーレ国際映画祭 2015短編部門最優秀賞を受賞。

ヴィエンチャナーレ国際映画祭 2015 (ラオス)短編部門最優秀賞


alink

マダム・タンの秘密の情熱/The Secret Passion of Mdm Tan Ah Lian

マダム・タンは定年退職の年齢を過ぎているにも関わらず、頑固に仕事を続けている。夫は当然、妻には仕事を辞めて家事をして欲しいと願っているが、中々聞き入れない。そんなマダム・タンには、もう一つの秘密の顔があった。

Singapore/シンガポール 16:09 Drama/ドラマ 2014

監督:Sun Koh

2010年、ナショナル・アート・カウンシルの若手アーティスト賞を受賞。今までに手掛けたショートフィルムが、数々の海外映画祭で受賞。2008年には、シンガポール人監督による作品を集めたオムニバス作品をプロデュース。


alink

闘鶏/The Cock Fight

闘鶏に関するドキュメンタリー。監督のBety Reisは女性でありながら、闘鶏という男性主体の世界に潜入。ディリ市内一の闘鶏場の経営者に密着し、ティモール人社会、そして文化にとってこのような暴力的なスポーツがなぜ不可欠なのかという理由に迫る。

マチュア・コンテンツ:このマークの作品には、性描写・暴力描写などが含まれています。

Timor-Leste/東ティモール 11:00 Documentary/ドキュメンタリー 2011

監督:Bety Reis

東ティモールを代表する映画監督。自国で初の映画とテレビのプロダクション会社Dili Film Worksを共同設立し、現在2作の長編映画を制作中。監督と東ティモールにとっても初の長編映画”Beatriz’s War”が、インド国際映画際(2013)で最優秀賞を受賞した。


alink

オフェリアのために/For Ofelia

1960年代のフィリピン―どうしても娘が欲しい母親と、そんな母親にドレスを着せられ続けている思春期の息子の葛藤と淡い恋の物語。

Phillipines/フィリピン 15:00 Drama/ドラマ 2014

監督:Christopher de las Alas

数々の受賞歴を持つ映画監督、撮影監督。フィリピン系アメリカ人の両親を持つ。ニューヨーク大学にて映像を学び、卒業制作となる本作は、全米監督協会(DGA)よりアジア系アメリカ人学生部最優秀賞を受賞した。

全米監督協会(DGA)2014 (アメリカ)アジア系アメリカ人学生部最優秀賞
フロリダ映画祭 2015 (アメリカ)特別審査員賞