HOME映画祭に応募する最新情報詳細

最新情報の詳細 一覧に戻る

2017/08/01
20周年を迎える国際映画祭!作品公募開始!

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」は、 2017年8月1日(火)より2018年度の開催に向けた作品募集を開始します。

応募対象となるのは、アカデミー賞への道が広がるオフィシャルコンペティション「ジャパン部門」、環境問題をテーマとした「地球を救 え!部門」、国内外のアーティストによるオフィシャルミュージックビデオを紹介する「ミュージックビデオ部門」、世界各国のCGショート フィルムを特集する「CGアニメーション部門」など。

オフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部 門、ジャパン部門)の各優秀賞3作品から選ばれるグランプリ作品は、次年度の米国アカデミー賞短編部門のノミネート選考対象と なります。東京都と連携して実施する「Cinematic Tokyo部門」、企業・行政によるブランデッドムービーを特集する「Branded Shorts」、全国の観光プロモーション映像のコンペティション「観光映像大賞」も同時募集となります。

応募要項は公募サイトにてご確認ください!http://www.shortshorts.org/2018_call_for_entry/

LOV_5129

2016年のグランプリ作品が第89回アカデミー賞短編実写部門でオスカーを獲得するなど、当映画祭を通じて 躍進する監督も多数登場しています。2017年の映画祭では、ミャンマーの作品で民主化で変化する社会と、変わらない日々の暮ら しを生きる夫婦の姿を描いたドキュメンタリーがグランプリに輝きました。授賞式では審査員をつとめた大林宣彦監督から作品の講評に加え、故・黒澤 明監督の遺言として、次世代の映画人に世界の平和を託すスピーチを行っていただきました。SSFF & ASIAでは、新たな映画の価 値を感じる作品と出会いたいと考えています。


【映画祭スタート時から応援いただいているジョージ・ルーカス監督(『スター・ウォーズ』)からのメッセージ】

映画祭というものは重要なものです。世界中から映画祭に集まる作品は、観客に知を与え、エンターテインメントを届けます。 それだけでなく、その作品を生み出した監督の人生を変えてしまう力を映画祭は持っているのです。米国アカデミー賞公認の映画祭 として、毎年、SSFF & ASIAはグランプリ作品をアカデミー賞のノミネート候補として推薦しています。そしてついに今年、2016年の 映画祭でグランプリと観客賞受賞した『Sing/合唱』がアカデミー賞短編実写部門での受賞を果たしたのです。映画祭実行委員会 の皆さんと共に、『Sing/合唱』のKristof Deak監督、そして映画祭にノミネートされた監督たちの素晴らしい作品と創造性 へ心からのお祝いを申し上げます。

ジョージ・ルーカス

GWL-photo


 

募集要項は公募サイトにてご確認いただけます!

http://www.shortshorts.org/2018_call_for_entry/

未来へ羽ばたく若きクリエイターの皆さんからのご応募を、こころよりお待ちしております!


PR


よく読まれている記事


関連記事

2016.03.09
短編映画『未来のカケラ』本編・予告編を公開しました!