What's On

Recommender

齊藤 工

齊藤 工

パリコレ等のモデル活動を経て2001 年に俳優デビュー。主な出演作に『昼顔』(17/監督:西谷弘)、日仏シンガポール合作『家族のレシピ』(18/監督:エリック・クー)、『麻雀放浪記2020』(18/監督:白石和彌)など多数。 企画、製作、主演を務めた『MANRIKI』(19/監督:清水康彦)が11 月29 日公開。俳優業の傍らで映像製作にも積極的に携わり、齊藤工名義での初長編監督作『blank13』(18)では国内外の映画祭で8冠を獲得。HBO アジア放送のクー監督のホラーアンソロジー第二弾企画『フードロア』に、前作「フォークロア:TATAMI」(18 /北村一輝主演) で続きアジア8 ケ国の監督の1人として参加。また白黒写真家として、パリのルーブル美術館での学展に参加し銅賞を受賞。劇場体験が難しい被災地や途上国の子供たちに映画を届ける移動映画館「cinema bird」を主宰するなど、マルチに活動している。 出演待機作に、『ヲタクに恋は難しい』(20 年2 月7 日/監督:福田雄一)、『Fukushima50』(20 年3 月6 日公開/監督:若松節朗)、『糸』(20 年4 月24 日公開/監督:瀬々敬久)、『シン・ウルトラマン』主演(21/企画・脚本/庵野秀明、監督/樋口真嗣)

Next Recommender

to be announced...

About Us

SHIBUYA STREET CINEMA 2100 by ShortShorts

SHIBUYA STREET CINEMA 2100 by ShortShorts(略称:ストリートシネマ)は英国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)と、渋谷で9基の大型ビジョンを展開する株式会社シブヤテレビジョンとのコラボレーションにより、毎日21時、渋谷・公園通り入口の大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」にて世界のショートフィルムを上映するプロジェクトです。作品をセレクトするレコメンダーは映画関係者だけでなく、アイドルやミュージシャン、メディアアーティストなど、カルチャーを感じさせる人物を選出。独自の目線で選ぶショートフィルムを楽しむことができます。

Access

ソニービジョン渋谷

渋谷モディ(旧マルイシティ渋谷)正面壁面 神南一丁目スクランブル交差点前 (東京都渋谷区神南1-21-3)