PLAY

STORY

ストーリー (※本作品には一部過激な描写が含まれます。) ドイツ軍兵士二人の毎日の日課。彼らは一見なんの変哲もないトラック運転手だが、荷台に積まれているのはガス。現実逃避のような平凡な会話とは裏腹に、彼らの任務は恐ろしいものだった。

DIRECTOR

Miroslav Terzic ベオグラード大学で国際法学を学んだ後、大学院へと進み、ドラマティック・アート学を専攻した。2012年に手掛けた初の長編映画『Redemption Street』(2012)は36 MONSTRA – サンパウロ国際映画祭で上映され、2018年には二作目となる長編『Stiches』がベルリン映画祭パノラマ部門、ヨーロッパシネマラベル賞を受賞。

INFORMATION

エステティカ短編映画祭 2018 (イギリス)
タリン・ブラックナイト映画祭 2018 (エストニア)
Filmarksでレビューを見るFilmarks