Call for Entry 2022

BRANDED SHORTS 2022 応募要項

BRANDED SHORTSとは?

2016年映画祭が設立した「BRANDED SHORTS」。企業や団体が「広告」という枠を超えて、自らの社会的価値(生活者へのサービスやプロダクト、体験の訴求)を伝えることを目的とした「シネマチックコミュニケーション」、それは動画を用いた生活者との新しいコミュニケーションの形と呼べます。それらをブランデッドムービーと定義つけ、国際短編映画祭として独自の基準のもと「BRANDED SHORTS」としてご紹介します。
2022年の映画祭に向けて、国内外からブランデッドムービーを募集し、多種多様な作品を上映するほか、動画広告市場、及び映画・映像エンターテインメント市場のより一層の活性化のためのイベントやセミナーを行います。

BRANDED SHORTSサイト:http://brandedshorts.jp/

BRANDED SHORTS

Entry Guideline

エントリーガイドライン

  1. 公開期間:2021年1月1日から2022年3月31日までの間に初公開された、もしくは初公開を予定される作品
    ※公開場所は問わず。
  2. 作品尺:25分以内
  3. 参加条件:企業・団体(業種は問いません)のサービス・活動、ブランディングにおける顧客とのコミュニケーションを目的として制作された映像。応募はどなた(企業・団体、広告会社、制作会社 等)でもご応募いただけます。

エントリー期間とエントリー費

一次:2021年8月1日(日)- 2021年9月30日(木):15,000円
二次:2021年10月1日(金)- 2021年11月30日(火):20,000円
三次:2021年12月1日(水)- 2022年2月28日(月):30,000円

※ 3作品以上応募する場合、第一次応募期間は1作品あたり13,500円(税込)、第二次応募期間は1作品あたり18,000円(税込)、第三次応募期間は1作品あたり27,000円(税込)となります。
※ キャンペーン単位でのご応募も可能です。
※ お支払はPayPalもしくは銀行振込で承ります。
※ 請求書・領収書発行をご希望される場合、その他の支払方法をご希望の場合は、entry@brandedshorts.jp までご連絡ください。

応募規約

  1. 応募作品は、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア、及びBranded Shortsのプロモーション目的のため、ショートショート実行委員会(運営団体:株式会社パシフィックボイス)及び関連会社が運営するウェブサイト、およびイベントでの上映・配信等する場合がございます。
  2. 応募に関しては、エントリー社が関係各社の同意の上、ご応募ください。
  3. 項目1の利用を妨げないよう、エントリー社は著作権、タレント、音楽等の個別権利処理を事前に行ったうえ、ご応募ください。

その他注意事項

  1. 日本語・英語以外の言語の作品の場合は、日本語・英語のダイアログリストもしくはスクリプトを提出してください。
  2. 如何なる場合も、エントリー登録費の返金は致しかねます。

審査方法

応募作品の中から実行委員会により、ノミネート作品の選出が行われます。ノミネート作品はBRANDED SHORTS公式HPでの紹介の他、2022年6月に開催予定のショートショート フィルムフェスティバル & アジアでの上映・配信を予定しています。

各賞

○ Branded Shorts of the Year
ノミネート作品の中から、広告業界や、映画業界、他業界の垣根を越えて集まる審査員により、「Branded Shorts of the Year」が選出されます。
BRANDED SHORTS 2021 審査員トークの様子はこちら

○ Deloitte Digital Award デロイトデジタルアワード
「デジタルと人間らしさの融合」をテーマに、 Purpose(存在意義)、New(新奇性)、Design(デザイン性)、Human Experience(人の体験・体験価値)、 Engagement(愛着)の5つの指標から特に優れた作品に「Deloitte Digital Award」を授与いたします。

BRANDED SHORTS 2021において、当アワードの設立の発表の様子はこちら

○ HR BRANDED SHORTS 2021
応募作品の中から、人材採用(HR)の目的を持ち、企業や団体の理念や特徴、メッセージを感じとることができる作品の中から「HR BRANDED SHORTS 2021」が選出されます。

○ 観光映像大賞 観光庁長官賞
日本全国47都道府県で制作された観光プロモーション映像・映画・ビデオの中から、 “観光振興”という観点で最も創造性、振興性、話題性に優れた作品に観光映像大賞 観光庁長官賞 が贈られます。


ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS
ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSは、テレビ、ラジオCMの質的向上を目的に、1961年より開催されてきた広告賞「ACC CM FESTIVAL」を前身とし、2017年よりその枠を大きく広げ、あらゆる領域におけるクリエイティブを大賞としたアワードにリニューアルしました。
ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSとのコラボレーションにより、ACC CREATIVITY AWARSD フィルム部門Bカテゴリー ファイナリスト以上に入賞された作品はエントリーフィーが免除されます。
ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 詳細はこちら

ブランデッドコンテンツの制作・発信に関する補助金(J-LOD⑤)
採択事業者のエントリー費免除について

令和2年度第3次補正予算「コンテンツグローバル需要創出促進・基盤強化事業費補助金(通称:J-LOD、Japan content LOcalization and Distribution)」の第5弾では、デジタル配信を念頭に置いたストーリー性のある映像(ブランデッドコンテンツ)の制作・発信を行う事業者(間接補助事業者)を募集しています。
J-LOD⑤採択事業者によって制作された映像は、BRANDED SHORTS エントリー費が免除されます。エントリーをご希望の場合は、J-LOD事務局である特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)まで、必ず事前に一報ください。
J-LOD ⑤ 詳細はこちら


応募方法

  1. オンライン応募フォームを、全項目記入の上送信してください。「登録受付番号」が記載された応募確認書がご登録いただいたEメールに送付されます。
  2. 下記のエントリー素材をzipファイルに圧縮の上、アップロードしてください。
    ※zipファイル名に必ず「登録受付番号」を入れてください。
  3. お支払ページに進んでください。
    ※お支払方法は、PayPalもしくは銀行振込を選択ができます。
    ※その他のお支払方法を希望される場合、もしくは3作品以上応募される場合は、entry@brandedshorts.jp までご連絡ください。

エントリー素材

○ 動画ファイル(必須)※英語字幕の有無問わず
フォーマット:H.264(MOVまたはMP4)
フレーム:1920×1080(30fps)推奨
○ 作品サムネイル(必須)
○ クレジットリスト(フォーマットは問わず)(必須)
○ (日本語もしくは英語以外の言語の場合)スクリプト/ダイアログリスト

ショートリスト作品またはノミネート作品に選出された場合、エントリー社にご連絡をいたします。必要に応じ、追加資料を期限内に提出していただきます。