イベント情報詳細Event information

ONLINE 20:00~21:30
開催日: 10/22Sat 無料

日本各地のストーリー創作プロジェクト
パネルディスカッション

3つの地域で執筆されるショートストーリー作家の方々をお招きし、執筆された作品の事はもちろん、日本に眠る語り継ぎたい物語やその魅力について語り合います。
さらに特別ゲストとして、前年度の同プロジェクトで福島県の民話を元に執筆された短編小説『おばあさんの皮』をショートフィルム化した、映画監督の井上博貴さんにもご参加いただきます。

■ゲスト情報①

高橋久美子(写真左)
作家・詩人・作詞家。1982年、愛媛県生まれ。
音楽活動を経て文筆家に。主な著書に小説集『ぐるり』(筑摩書房)、エッセイ集『旅を栖とす』(KADOKAWA)、詩画集『今夜凶暴だからわたし』(ミシマ社)など。アーティストへの歌詞提供も多数。人形浄瑠璃を現代版に書き換えた創作人形劇の脚本や、詩の朗読など様々な表現活動も続ける。

執筆作品はこちら→沖縄県を舞台にした短編小説『おかあの羽衣』

■ゲスト情報②

田丸雅智(写真中央)
1987年、愛媛県生まれ。
東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。現代ショートショートの旗手として執筆活動に加え、「坊っちゃん文学賞」などにおいて審査員長を務める。また、全国各地で創作講座を開催するなど幅広く活動している。著書に『海色の壜』『おとぎカンパニー』など多数。メディア出演に情熱大陸など多数。
田丸雅智 公式サイト:http://masatomotamaru.com/

執筆作品はこちら→広島県を舞台にした短編小説『光陰』

■ゲスト情報③

森名子(写真右)
1997年神奈川県生まれ。
2019年にHOPPY HAPPY AWARDにてブックカテゴリ優秀賞、2020年に第6回ブックショートアワードにて大賞受賞。

執筆作品はこちら→熊本県を舞台にした短編小説『少女は踊る』

■ゲスト情報④

井上博貴(映画監督)
2009年に映画『パニック4ROOMS』で監督デビュー。
2017年新宿シネマカリテにて上映されたオムニバスホラー映画『狂い華』内の1篇、堀田真由主演『呪いうつり』の監督・脚本を担当。
またショートフィルム『痣』は、カンヌ国際映画祭「SHORT FILMS FROM JAPAN 2018」にて上映。
「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」ジャパン部門、ベストアクトレス受賞ほか、国内外で高い評価を得た。
2019年にはCINEMA FIGHTERS PROJECT第3弾オムニバス映画『その瞬間、僕は泣きたくなった』内の1篇、『魔女に焦がれて』の脚本&監督を務め、東京国際映画祭での特別上映も実施。
2019年劇場公開「40万分の1」、2020年劇場公開「新卒ポモドーロ」「LOVE STAGE」の脚本&監督を担当。
2020年SSFF & ASIA クリエイターズ支援プロジェクト、剛力彩芽主演「傷跡」の脚本&監督を担当。

福島県を舞台にした同名短編小説のショートフィルム化作品の鑑賞はこちら→ショートフィルム『おばあさんの皮』

※本イベントは令和3年度日本博主催・共催型プロジェクトです。プロジェクトの詳細はこちら
※イベント内容・上映作品は予期せぬ事情により、変更になる可能性がございます。