SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2020
(NEW)BORDERLESS

HOMEBRANDED SHORTS

BRANDED SHORTS

What is BRANDED SHORTS? BRANDED SHORTSとは?

従来のコミュニケーションプランニングだけでは、顧客とのエンゲージメント醸成が難しくなってきた時代。企業と顧客とのコミュニケーションも大きく変化し、昨今、動画マーケティングに力を入れる企業が増えてきています。特にブランデッドムービーと呼ばれる映像は、「生活者にとっての価値(エンターテイメント性や有益性)」と「企業やブランド側からのメッセージや理念」を両立出来る コンテンツとして、注目を集めています。

2016年、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA)では、このブランデッドムービーを国際短編映画祭としての独自の基準を設け、それらの作品を集める公式部門「BRANDED SHORTS」を設立しました。日本で唯一の国際的な広告映像部門として、ブランデッドムービーの可能性を創造し続けていきます。


昨年の様子BRANDED SHORTS 2019


BRANDED SHORTS 2020

企業・団体のサービス・活動、ブランディングにおける、顧客とのコミュニケーションを目的として制作された映像(ブランデッドムービー)の部門。世界中から集まった400以上のエントリーの中から、24作品(インターナショナルカテゴリー17作品、ナショナルカテゴリー7作品)がノミネート。

 


審査基準

国際短編映画祭の視点として、7つの基準(シネマチック、ストーリーテリング、エモーショナル、アイデア、オリジナリティ、シェアラブル、ブランディングパワー)を設けました。
ブランディングという視点の中で、それぞれの基準において優れている作品を「BRANDED SHORTS」として定義づけます。


SCREENING PROGRAM

International Category
インターナショナル カテゴリー

BRANDED 1

National Category
ナショナル カテゴリー

BRANDED 2

AWARDアワード


BRANDED SHORTS OF THE YEAR

世界中からエントリーされたブランデッドムービーの中から、広告業界・映画業界など業界の垣根を越えて集まった審査員によって選ばれます。

SUNRISE CineAD Award

「映画をコミュニケーションメディアに」を理念の元、全国の映画館でシネアドを展開する株式会社サンライズ社は、「生活者にとっての価値(ストーリー性・エンタテインメント性)」と「企業のブランドメッセージ」を両立した「人の心を動かす広告」であるブランデッドムービーを称える「SUNRISE CineAD Award」を設立しました。エントリー作品の中から最もシネマチックなブランデッドムービーに贈られます。

第9回観光映像大賞 観光庁長官賞

日本全国47都道府県で制作された観光プロモーション映像・映画・ビデオの中から、 “観光振興”という観点で最も創造性、振興性、話題性に優れた作品に観光映像大賞 観光庁長官賞 が贈られます。

ファイナリスト一覧

EVENTイベント

第一部は、ネスレシアター最新ブランデッドムービー『この場所の⾹り』の完成発表会を実施いたします。
第二部は、BRANDED SHORTS 2020の授賞式、その後受賞作品を含むBRANDED SHORTSノミネート作品を一挙上映いたします。

詳細はこちら